私はハローワークを利用しました!

ハローワークの活用方法

実際に、私がどのように介護業界へ就活したかをお話しします。

 

まず私が行ったのは、

  1. 介護職の就活サイト
  2. 求人雑誌
  3. 職業安定所(ハローワーク)

の三つです。一つずつご説明します。

 

(1)介護職の就活サイト

「介護職の就活サイト」ですが、三つのサイトに登録して電話がかかってきたのは一件。
メールマガジンが送られてくるようになったのが一件。
登録のメール以外連絡がなかったのが一件です。

 

就活サイトと言っても実際に活動しているところは少ないようでした。

 

最初の電話がかかってきたところですが、「夜勤が出来ないのでデイサービスを中心に探している」と説明したところ、「扱っているところが特別養護老人ホームが主なのですぐには紹介できない」との返答でした。

 

しかし、最初の電話から三か月連絡がなかったため、結局退会してしまいました。

 

(2)求人雑誌

次に求人雑誌です。求人雑誌と言っても、ハローワークと同時に利用していました。
介護の仕事の案内が多いといっても、ハローワークと比べるとどうしてもそちらの方が検索をしやすいし情報も豊富です。

 

求人雑誌はほとんど流し読みするくらいしか使いませんでした。
困ったときは相談できるので主流な就活は私の場合ハローワークのみと言っていいでしょう。

 

(3)ハローワークで出来ること

困ったときにハローワークでどんな相談をしたのか。
私は転職は初めてだったため、転職用の履歴書を書く際の注意点、職務経歴書の書き方を親身になって教えて頂きました。

 

ハローワーク

 

そういったアドバイザーが在住しているのもハローワークの利点でしょう。

 

また、どんな施設で働きたいのか、ここはどういう施設なのか等、福祉に関する相談窓口がありました。
求人の割合が福祉で半数近くを占めるため、そのようなしかるべき措置を取られたのでしょう。

 

そして、見学に行っていいか等もわからなかったので「見学してみるといいですよ」とアドバイスを受けられたのは幸運でした。

 

ほとんどハローワークの説明になってしまいましたが、ハローワークは現在検索機能が充実していて、自宅のパソコンでも求人情報を検索できます。
最初に検索してみると、その地域の目安も分かると思います。


介護資格の取得を検討されている方はこちら!